葬儀求人は女性が優遇される理由

かつて葬儀求人は、3K、すなわちきつい、汚い、危険の代表的な仕事と言われてきました。
しかしながら、高齢化社会にともなって他業界からの風が入り、かなり業界の雰囲気が変わりました。
それにともない、女性の葬儀求人も増えています。
最近は不況の影響もあり家計を助けるためにパート・アルバイトで葬儀会社で働くという人も多くなっていますが、葬儀の仕事も関係しているかも知れません。
葬儀は担当者として遺族との打ち合わせから始まって、葬儀当日は受付、接客案内、司会など人と接することが多いです。
ですから、葬儀会社としては丁寧で温かみのある対応が出来る人が欲しいと思っています。
そこに女性ならではの繊細で丁寧な心配り、柔らかな物腰などがそういった仕事をするのにぴったり合っているのです。
また、最近では葬祭ディレクターという葬儀の運営に関わる知識・技術を証明する資格が出来ました。
それがキャリアアップをしたい女性たちのに傾向にあっており、葬儀業界へと女性を向けているのでしょう。
また、葬儀と言えば花は欠かせないところです。
献花、花祭壇などの飾り付けは宗教的なところもありながら、アレンジをするフラワーメイキングのセンスも大きいです。
そこで女性のセンスが生かすことが出来るので、花関係の仕事として葬儀求人が出ています。

葬儀社の選び方と事前相談での判断方法

葬儀は一回で平均200万円はかかると言われています。
それだけに、葬儀がうまくいくかというのは、とても大切なことです。
でも、大金が動く業界ですので葬儀会社には葬儀求人で社員教育もせずお金儲けだけでろくな葬儀をしないと言うところもあります。
そこで葬儀会社をしっかりと選ばなければなりません。
葬儀会社で一番安全な策は複数の葬儀会社に一括相談、一括見積が出来れば比較検討ができて、一番いいところを選ぶ事が出来ます。
その事前相談で見るべきは、いろいろありますが、葬儀の種類が多くて、内容、費用の選択がしやすい。
葬儀求人がきちんとしていてスタッフが丁寧に対応してくれるので葬儀でも期待できる。
無駄なオプションを勧めたりはしない。
といったように、相談する顧客のことを考えた葬儀、対応をしてくれるかどうかです。
逆に気をつけるべきは事前相談でいいことは言うが、細かな点については打ち合わせをしようとしない。見積もりを出してくれといっても出さないし、オプションなどについても説明してくれない。
サイトで書いてある葬儀と勧められる葬儀が違う。
担当者が誰かわからない、といったようないい加減な葬儀求人をしている葬儀会社です。
これらのことは、とうてい遺族の立場に立っているとは言い難く、実際にまかせたらどんな葬儀になるかわかったものではありません。
そしてなにより故人に対する尊厳を重視せず、商品として扱うようなところは絶対に止めておきましょう。

葬儀業界のイメージと現実

葬儀業界は死という事を仕事としているのでどうしても負のイメージがついてまわります。
それゆえ、葬儀求人に応募するというのはとても嫌なものだと敬遠されて来ました。
しかしながら、高齢化社会から年々葬儀件数が増え、福祉業界とともに成長産業とされています。
その結果、従来の葬儀会社だけでなく、ホテル、スーパー、農協など他業種からの参入が相次ぎ、業界の規模は拡大しています。
事業所数、葬儀求人で就労する人数、売上高などは年々増加する一方で、一件当たりの葬儀単価は減っています。
これは市場競争の原理が働いている事に加え、従来の葬儀というのは慣例や業者の義理などでやっていたものが多くありました。それゆえにぼったくり的なイメージも定着しています。
それを気にしない新規参入の業者はよりリーズナブルな価格での葬儀を商品として出すことで、従来の葬儀会社も同様に費用をクリアにしなければならない、顧客サービス、低価格化に向かわなければならないという圧力が働いたのです。
これにより、成長する葬儀会社と淘汰される葬儀会社が分かれてきます。
また、これで無視できないのは外資系の企業です。
2000年代から世界的な葬儀会社も日本に上陸していており、日本では信じられないほどの価格、しかも明朗会計にてこれまでの葬儀会社にショックを与えています。

これらの新しい風は、葬儀というものにあった暗い影を和らげ、故人を皆で送り出すセレモニーとしての明るいイメージを徐々に広げています。
これは葬儀求人の増加にも一役買っています。